美味しい食事を楽しむ|腎臓病食は宅配サービスが便利

食事

腎臓の負担を減らす食事

和食

年を重ねる毎に、腎臓病になりやすいと言われています。もし腎機能が低下して腎臓病になった場合には、日常的な食事を変更し、腎臓病食と言われる専用の食事に切り替えましょう。老廃物を減らし腎臓病への負担を軽減する食事療法なら、腎機能の回復を見込むことも可能です。

View Detail

腎臓と血圧の関係

医者

体内に塩分が増えることによって高血圧になり、ひいては腎臓病を引き起こしてしまうことも考えられます。腎臓病と診断されてしまった場合には、この高血圧を改善し、腎臓に負担を掛けないようにすることが必要になります。

View Detail

食生活と健康の維持

医師

食事制限で症状を予防できるのが、高血圧と腎臓病の特徴です。この2つの病気は共に関連性があるため、食事を考慮することで両方の病気を予防することが出来ます。まず、塩分を控えることで両方の病気を防ぐことが出来ます。

View Detail

腎臓病になってしまったら

お年寄り

便利なサービスがあります

腎臓は病変があっても自覚症状が出にくいため、沈黙の臓器と呼ばれています。なので、自覚症状が出て受診した時にはかなり病状が進行していて、透析の一歩手前まできていたなどというケースが多いのです。腎臓病になったら、その病状に応じて様々な食事制限が必要となります。幸いにも初期と診断された場合は制限もさほど厳しいものではありませんが、それでも病気の進行を抑えるためにはしっかりとした食事管理が望まれます。毎日身体に取り入れるものですから、一日くらい…と手を抜くことができないのが食事制限の辛いところではあります。腎臓病食を調理するには、専門のレシピ本などを参考にしながら、制限しなければいけない栄養素を注意深く排除していく必要がありますが、用意できる食材にもレシピのバリエーションにも限界があり、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。そんな時に活用したいのが腎臓病食の宅配サービスです。

上手に利用しよう

現在、腎臓病食の宅配サービスに参入している業者はどんどん増えており、インターネットで検索すると、比較サイトもたくさんあります。ですから、利用したいと思ったらいくつかの業者の特徴を調べて、自分に合いそうなところを選ぶことができます。昔は、腎臓病食といえば味気ない不味いもの、というイメージがありましたが、現在では宅配サービスの競争の激化もあって味付けには様々な工夫が凝らされており、メニューも豊富で、一見して健康な人と変わらないような多彩な食事を楽しむことが可能になっています。近年、食の欧米化に伴う生活習慣病の増加により、糖尿病の合併症として腎臓病を発症する人も増えており、今後も腎臓病患者はますます増えていくと予想されています。腎臓病食の宅配サービスも今後更に充実していくと思われますので、病気を悲観せず、サービスを上手に活用して腎臓病とうまく付き合っていくことが大切です。