美味しい食事を楽しむ|腎臓病食は宅配サービスが便利

家族

腎臓と血圧の関係

医者

血圧を下げる事が大切

高血圧になると腎臓に多くの血液が送られるため、腎臓を酷使する事になり、腎臓の負担が大きくなります。そのため腎臓病になった場合には、血圧を下げて腎臓に送られる血液の量を減らし、腎臓の負担を小さくする事が大切です。腎臓病になると血液をろ過して不要な物を排出する機能が衰えるため、体内に塩分が増えます。体内に塩分が多くなる事によって高血圧になり、腎臓病の症状を悪化させるため、腎臓病になった場合には高血圧を防ぐために塩分を控える事が重要です。塩分の摂取を控える事で、腎臓がスムーズに塩分を排出する事ができるため、高血圧を予防する事ができ、腎臓の負担を減らす事が可能です。そのため腎臓病になった場合は、食事に含まれる塩分の量に注目して、摂取する量を減らす事が好ましいです。

塩分を控える

腎臓の機能は30歳を過ぎると、機能が低下していき60歳になると大幅に機能が衰えた状態になります。高血圧の状態が続く事で、腎臓の衰える速度が速くなるため、腎臓病を予防するためには高血圧の状態を改善する事が肝心です。また腎臓病になった場合でも、高血圧を改善する事で、腎臓病の進行を防ぐ事ができるため有意義です。加工食品には多くの塩分が含まれているため、腎臓の負担を減らす場合には、加工食品を食べる事は控える事が望ましいです。また味付けを塩で行うのではなく、酢やスパイスを上手に活用して塩分を減らす事が効果的です。食事で血圧をコントロールする事で、腎臓の負担を減らして、腎臓の機能を高める事ができるため有益です。